管理職辞めたいです日記

管理職を辞めたくなった50代の日記です。転職できるかな?お金は足りるかな?そんな迷える日々を綴ります

管理職としてのコロナ疲れ、コロナによる社内の分断

医療や介護、教育、行政のみなさまなどなどに比べたら、私の苦労など取るに足らないと理解しつつ・・とても疲れたのでここに書かせてください。

昨日、コロナ対策に関して緊急の会議がありました。

議題は「在宅勤務できない部署の人たちから問題提起があったけど、どうする?」

 

東京の緊急事態宣言が解除されて以降、当社の方針は「一定以上の役職者は全員、そうでない社員も1/3の出社を『奨励』」としています。

難しいのは、社内のエッセンシャルワーカー=出社せざるを得ない人たちがいるということです。

在宅勤務してる人のごく一部が、自分たちが出社してやるべき仕事を、出社してる部署に押し付けてるらしい。

もしくは、出社してる人がそう感じてるケースがあるらしい。

 

f:id:tajaaan:20220113075550j:plain

 

「部署固有の業務で出社するのは構わない。だけど『出社してるならこれもお願いします』はもう勘弁してほしい」ということ。

社会と同様に、社内にもコロナによる分断が起きてる。

おそらく最初のうちは快く引き受けてくれていたと思われます。

しかし在宅と出社が混在するようになって約2年、不公平感の限界を超えたんだろうな。

各部署の長は、持ち帰って自部署で対応することになりました。

 

本来の業務だけでいっぱいいっぱいなのに、こういうコロナの調整が加わって心が疲れる。

冒頭に書いたように、私の心労なんて苦労のうちに入らないです。

私の部署は幸い在宅勤務できるし、メンバーも出社推奨にも応じてくれてる。

良い仲間に恵まれてほんとに幸運です。

 

それでも・・コロナ禍で部署をマネージすることに心労を感じます。

コロナやワクチンに対する感受性は人それぞれ。

さらにはお子さんや高齢者と同居してるか、通勤時間が長いか、といった事情も考慮して出社の仕事を配分しています。

 

会議で声を上げた側のマネージャーに個別に話しに行ったら、ほんとにぐったりしてた。

部署のメンバーに「会社は何もしてくれないんですか?」と言われたそう。

それが「あなた(上司)は何もしてくれないんですか?」に聞こえて参った、って。

それはキツイね・・・。

私のところでできることがあれば遠慮なく言ってね、と声をかけて帰ってきた。

 

全員が納得する解決策は無い。

非・管理職だろうが管理職だろうが、みんなほんとに頑張ってる。

誰もが我慢して、できるだけ他人に配慮してここまでやってきた。

そのギリギリのところに、やってきたオミクロン。

もともとヒビが入っていたところ、加重が大きいところがボキっと折れるかも。

 

ふー、朝からネガティブな投稿でごめんなさい。

でもここに書いたら少し心が軽くなった。読んでくださってありがとう。

では今日も行ってきます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村